BEAUTY SALON

ダイエットは腸の働きを良くすることから始まる

腸の働きの良し悪しと痩せる痩せないはかなり深い関連性があります。 近年の腸内細菌の研究では、腸がうまく機能していると、肥満になりにくいということが分かってきたのです。

腸の動きが悪いと肥満体質になってしまう

腸の動きが悪いと色々なデメリットが生まれてしまいます。 まず、大きな影響を受けてしまうのが何と言っても消化・吸収力の低下です。 食べ物は、胃である程度分解されてから腸に運ばれてくるわけですが、腸の機能が低下している状態だと、未消化のものが腸内に残ってしまうことになります。 それが悪玉菌のエサになってしまうこともありますし、仮に腸の粘膜が弱っていて最悪、腸に穴が開いていた場合、未消化の高分子の栄養が腸から血管に漏れ出すことになります。 そうすると、体内のあらゆるところでアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあります。 また、消化・吸収が悪いと、体内に栄養が取り込まれず、せっかく摂取した栄養も便と一緒に排泄されてしまうことにもなります。 ですので、きちんと食べているにも関わらず、栄養不良の状態になるという異様な事態になるのです。 栄養がきちんと吸収されないことは、細胞の一つ一つに栄養がきちんと運ばれないことを意味します。 ですから、細胞は成長したり分裂したりできませから、体内でエネルギーが消費されないのです。 この状態が続くと、それが癖づいてしまってエネルギー消費の少ない肥満体質になってしまうのです。

腸の動きをアップさせるために必要なこととは?

前項で、腸の動きが悪いことが肥満体質を招くことについてお話ししましたが、ではどうしたら腸の動きを良くすることができるのでしょうか? 腸の動きを良くするために働いてくれるのは、腸内に住んでいる腸内細菌です。 腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共存しているわけですが、このうち、善玉菌は腸の動きをアップさせる働きをします。 それだけではなく、善玉菌は傷んでしまった腸壁を修復したり、消化・吸収もサポートしてくれるのです。 要するに、善玉菌を腸内に増やすことが腸の動きを良くしてくれるわけです。 ですので、腸の動きをアップさせ、ダイエットに繋げていくためには、腸内に善玉菌を増やしていく必要があります。 善玉菌を増やすには、善玉菌の喜ぶエサとなる食べ物を私たちが積極的に摂取することです。 ヨーグルトや、乳酸菌飲料、わかめ類、海藻類、キノコ類、発酵食品、食物繊維が多く含まれる食品は善玉菌を繁殖させ、悪玉菌を抑制することに非常に効果的です。