BEAUTY SALON

野菜やフルーツの酵素と麹酵素はどちらがダイエットに有効なの?

近年、酵素がに効果がある事が広く認知されるようになってきて、それに伴いたくさんの酵素商品が出てきましたよね。 酵素といっても、発酵元や発酵菌の違いにより、非常に多くの種類があるので、果たしてどの酵素が良いのかとても悩むと思います。 でも多くの場合酵素は、野菜やフルーツから作られたものと麹から作られたものの2つに分かれるのですよね。 このページでは、野菜・フルーツ酵素と麹酵素を比較した時にどちらがダイエットに効果的なのかを調べてまとめてみました。

野菜・フルーツ酵素

野菜やフルーツを発酵元にした酵素サプリメントなどはとても多いです。 この場合、発酵元となるものは、食物繊維が多く含まれるものが多いです。 食物繊維が多い野菜やフルーツを発酵元として用いるのは、酵素の効果に加え、整腸作用効果を同時に狙っての事だと思います。 その方がダイエットには効果的です。 それで、食物繊維が多い野菜やフルーツに乳酸菌とか砂糖を添加して発酵させたものが商品となるわけです。 ですが、野菜やフルーツを発酵元にした酵素には弱点があるのですよね。 つまり、このような食物酵素は私たちの胃の中に入ると、酵素自体が消化され活性を失ってしまいます。 じゃあ、野菜やフルーツの酵素を摂っても意味ないよね?と思うかもしれません。 でも、野菜やフルーツの酵素はダイエットの効果はちゃんとあるんです。 例えばあたなは、フルーツのタレにお肉を漬け込むと、お肉が柔らかくなったり、おいしさが増したりするのを知っていますか? これ、実は、野菜やフルーツに含まれる酵素が、もともとお肉の中に存在している酵素を活性化させた為に起こる減少なんです。 要は、野菜やフルーツの酵素は、本来存在する他の酵素を活性化して元気にする役割をする酵素なんです。 ですので、野菜やフルーツの酵素を摂る事は、整腸作用にもなり、もともと存在している酵素を活性化するので、消化機能が向上しダイエット効果が期待できるというわけです。

麹酵素

一方、麹酵素は野菜やフルーツの酵素とはかってが違います。 麹酵素はそもそも米とか大麦などの穀物に麹菌を添加して発酵させたものです。 麹菌は乳酸菌などと同じく善玉菌に分類されます。麹菌は私たちの体内に入ると、繁殖する過程で酵素を生成するのですよね。 野菜の酵素とは違い、私たちのお腹の中で育つというイメージです。 麹菌は善玉菌なので、当然成長作用もありますし、麹菌が生み出す酵素は野菜やフルーツの酵素と同じく消化を助けるので、こちらもちゃんとダイエット効果が期待できます。

野菜やフルーツの酵素と麹酵素のどちらがダイエットに有効なのか?

これまで、野菜やフルーツの酵素と麹酵素についてお話ししましたが、気になるのは、どちらがダイエットに効果があるのか?という事ですよね。 これについては、どちらもダイエットには有効だと思われます。 ですが、最近の研究結果では、麹菌が生成する酵素が野菜やフルーツが生成する酵素よりもはるかに多い事がわかってきている事から、もしかしたら、麹酵素の方が有効性が高いのかもしれません。 実は、私たちは体質により、全ての酵素に反応するわけではありません。ですので、そういう意味では、種類が多い麹酵素の方が効果を実感できる可能性があります。