BEAUTY SALON

大人ニキビを改善したり予防するために必要な3つのこと

大人ニキビとは、25歳以降にできるニキビのこと。 思春期ニキビとは違い、肌そのものが弱ってしまった故に発生しているため、一度できると同じ場所に何度もできてしまうのが特徴です。 治ったと思ったらまたニキビができる・・・ということを繰り返してしまうのですね。 大人ニキビは炎症もひどくなりやすく、跡になりやすいため、すぐにケアをして、できるだけ早く治してしまうことが大切です。 今回は大人ニキビについて、うっかりしていると見逃してしまう注意点についてお話しします。

コーヒーを控える

大人ニキビに悩む人は25歳以上。 いわゆる大人という年齢ですので、必然的にコーヒーをはじめとするカフェインを摂る機会が多いと思います。 カフェインだけでなく、タバコやお酒もですが、嗜好品自体は体にとって刺激物なので、ストレスになります。 カフェインは体内で分解するにあたって、ビタミンやミネラルを大量に使ってしまうため、肌自体が栄養不足になってしまうため、大人ニキビを悪化させる原因となるのです。

洗顔の温度

寒くなると、お風呂の温度も高めに設定しますよね? 大体40~41度くらいに設定している人が多いのではないでしょうか? しかし、この温度、ニキビにとってはNGです。 高い温度は肌への刺激となり、必要以上に油分を取り除いてしまい、余計に皮脂を分泌させてしまってニキビを悪化させてしまったりします。 肌へ一番いい温度は、30~35度くらい。 バスタイムにシャワーや湯船のお湯で顔を洗うのは、ニキビを悪化させる原因となるのでやめましょう。

運動不足

大人になると、自ら時間を作り出さない限り、運動をする機会ってなかなかないですよね? 特にデスクワークをしている人の運動不足は深刻です。 仕事自体はとても忙しく、休憩を取る暇もないほどなのに、体は全然動かしていない。 仕事が終わると体も心もクタクタなのに、カロリーはほとんど消費していない。 ・・・という恐ろしい事態になるのです。 運動不足になると、汗をかかないので、毛穴が詰まり、ニキビの原因となります。 また、体を動かさないということは、本人の好き嫌いにかかわらず、身体的にはストレスをためることになります。 ストレスはホルモンバランスの乱れにもつながるため、ニキビはますます悪化することに。 適度に運動するようにすれば、ストレス解消につながり、身体的にも精神的にもすっきりするので、ニキビの治りも早くなります。 普段デスクワークをしている人はなかなか難しいかもしれませんが、定期的に体を動かす時間を設けたほうが、ニキビのためにはよいでしょう。