BEAUTY SALON

酵素が腸内環境の改善のカギ

腸内環境の改善は、ダイエットや美容効果だけではなく、大腸ガンの予防などの健康面にもよい影響をもたらします。 ですので、腸内環境を良い状態にキープすることは私たちにとって、生きる上で必要不可欠なものなのです。 近年、注目されている“植物性の酵素”は、腸内環境の改善には欠かせない物質です。

栄養の分解に関わる酵素とは?

「酵素」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 酵素とは、私たちの体内で作られる物質で、あらゆる生命活動に必要な物質です。 例えば、内臓を動かすことにも、思考を働かせることにも、運動することにも、酵素が介在します。 酵素が体内の他の物質(タンパク質など)と結合して化学反応を起こすことにより、私たちの全ての活動は可能になるのです。 酵素は食べ物の消化にも関わってきます。 唾液や胃液、膵液、腸液など、私たちの体内では様々な消化液が作られ、分泌されますが、これらの消化液の中には酵素が含まれます。 これを消化酵素と言います。 この消化酵素のおかげで食べ物が分解され、消化、吸収されていくわけです。

酵素が腸内環境を左右する理由

しかし、私たちの体内で作られる酵素は、加齢によって生産量が減少していくようです。 つまり、加齢が進むにつれて食べ物を分解する力が減少していくということになります。 腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が棲んでいますが、悪玉菌は消化がしきれなかった食べ物のカスなどをエサに繁殖してしまいます。 要するに、消化酵素によって栄養の分解が満足にされないと、腸内は悪玉菌が繁殖してしまうことになるわけです。 加齢とともに腸内環境が悪化するのは、これが引き金の一つになっていると考えられます。

植物性酵素を摂取することで酵素をサポートしよう

私たちの体内で作られる消化酵素は生産率が低下していくわけですが、何か解決策はないのでしょか? 加齢とともに、低下の一途をたどる消化酵素を増やすことはできませんが、サポートすることはできます。 例えば、野菜やフルーツなどには、植物性の酵素が含まれます。 これらは、私たちの消化液に含まれる消化酵素と同じように、食べ物の栄養を分解する働きがあります。 ですので、食事の献立に野菜やフルーツを入れることによって、消化、吸収がサポートできるわけです。 そうすることによって、腸内の悪玉菌の増殖を抑制できる形になり、加齢によって引き起こされる腸内環境の悪化を防ぐことができるのです。